処分の際には立会いOK|膨大なデータが詰まった機密書類の取り扱い

婦人

食品関係の企業にオススメ

オフィス

食品を扱う業者にオススメなのがISO22000であり、これは顧客から信頼を得るときに使えるのです。コンサルタントも存在していて、これを利用すると研修を受ける事ができるので依頼をしてみるといいでしょう。

詳細

食品安全を認証する

スーツ

ISO22000は食品安全に関するマネジメント基準です。設備や仕様などを見るものではなく、食品安全に関する取り組みを経営主体でシステム化された仕組みの中でPDCAのサイクルを回しているかが要求項目になります。

詳細

両方取得が望ましい

パソコン

仕組みがISOの要求項目

食品業界を取り巻くマネジメントシステムにISO22000があります。これは食品の生産の過程から消費者の口に入るまでのすべてのプロセスにおいて、食品危害を防止することを目的とした一環マネジメントシステムの構築を意味しています。似たような基準としてHACCPがあります。これは食品の製造や加工の過程に特化したもので、微生物などの汚染の危害を予め予測、分析を行ったうえで、製造過程のどの段階で対策を講じると安全確保をできるのかに焦点を置いて設計されたものです。そのためISO22000が食品に関わる全ての業種に対する幅広いマネジメントシステムにあるのに対してHACCPは狭義の業種に限られているところが大きく異なっています。

HACCPを同時に所得

食品安全に関する社会問題は昨今シビアになっており、消費者も気にしていることが多くなっています。そのため食品に関する国際基準を取得することは消費者の信頼性を確保するうえでも重要な位置づけになっています。食品の製造や加工に携わる業界では、ISO22000の要求するマネジメントシステムだけでは消費者の信頼を得ることはなかなか難しくなってきており、HACCPなどの食品の安全のガイドラインを導入することで、食品事故を未然に防止することを提言することが可能になります。その分コストや運営管理費などは必要になりますが、一度事故を起こすと取り返しのつかないダメージを受けることを鑑みるとISO22000並びにHACCPの両方を取得しておくことが理想となります。重要な企業データが詰まっている機密書類に関しては、慎重に処分しなくてはなりません。業者によっては、社員の立会いを許してくれるでしょう。確実に機密書類を処分したとわかるまで見せてくれたら、きっと満足するのではないでしょうか。

安全性を確立する方法

会議

食品問題は消費者にとってシビアな問題です。消費者や取引先からの信頼や信用を得るために最も効果的なのが、ISO22000を取得することです。食品安全に関するマネジメントシステムを導入することで、管理体制を保証することができるのです。

詳細